フリーソフト・ウェブサービス・スマートフォン:http://iniceSoft.com/

Free Library
temaemisotekiをフォローしましょう
トップダウンロードサポートQ&A機能の追加要望マスコミ情報お問い合わせプロフィール
サポート&便利な使い方
このサイトは、ソフトの操作方法を説明しています。
ユーザー様へ
ユーザー登録された方には新作フリーソフトやバージョンアップなどの情報をメールにて無料でご案内いたします。 ご希望される方は下記にメールアドレスをご記入の後{登録}ボタンをクリックしてください。手前味噌君の独り言コーナーもあるよ(^^)
メールアドレス:
新着情報(フリーソフト・無料ツール)
・【2013年04月07日】「ID・パスワードを管理」をVer1.11へ更新しました。フリーソフトの詳細
・【2013年02月11日】「西暦・和暦・年齢を変換して対応する年を確認」をVer1.14へ更新しました。フリーソフトの詳細
・【2013年01月27日】「定期的にファイルを自動バックアップ」をVer1.13リリースしました。フリーソフトの詳細
操作方法
その1
Windowsの「スタート」−「プログラム」−「定期的にファイルを自動バックアップ」−「定期的にファイルを自動バックアップ」を選択し、ソフトを起動します。

その2
バックアップ間隔を設定します。「間隔時間」項目の時、分(間隔)を選択し、{設定}ボタンをクリックします。設定は、次回のソフト起動時から有効です。
※デフォルトは、15分です。間隔時間が15分で問題ない場合は、設定する必要は、ありません。





その3
「パス」項目にバックアップするフォルダのパスを入力します。({参照}ボタンから選択も可能です。){追加}ボタンをクリックすると「バックアップリスト」項目にバックアップするフォルダが表示されます。
※ネットワーク内のフォルダを指定する場合は、ネットワークドライブの割り当てが必要になります。





その4
バックアップリストに間違ったバックアップフォルダを追加した場合は、「バックアップリスト」項目から間違ったバックアップフォルダを選択し、{削除}ボタンをクリックします。
バックアップリストの全ての内容を削除する場合は、{一括削除}ボタンをクリックします。





その5
自動バックアップではなく、任意の場所へバックアップリストのフォルダをバックアップすることも可能です。{手動バックアップ}ボタンをクリックし、表示する画面よりバックアップ先を指定した後、{OK}ボタンをクリックすると指定したフォルダへバックアップが開始されます。




その6
{ログファイル}ボタンをクリックすると自動バックアップの履歴が参照できます。




その7
ソフトを非表示にする場合は、{非表示}ボタンをクリックします。
(時間間隔毎にバックアップされます。)


その8
ソフトを終了する場合は、{終了}ボタンをクリックします。
(時間間隔毎にバックアップされます。)


その他
@システムトレーのアイコンを左クリックすると以下のポップアップメニューが表示します。
開く  → 設定画面を表示できます。
閉じる → 常駐を終了します。


A曜日設定
自動バックアップを行う曜日の設定ができます。
(1){曜日設定}ボタンをクリックします。
(2)バックアップを行う曜日にチェックを付けます。

B自動バックアップの方法は、2種類あります。
・「BackUpA〜BackUpEまでへ繰り返しバックアップ(上書きバックアップ)」
BackUpA〜BackUpEフォルダへ、順次繰り返しバックアップされていきます。
以前の自動バックアップ先フォルダに既にバックアップがある場合、古いバックアップが削除され、新たにバックアップされていきます。
古いバックアップは、消されます。
・「BackUpFDateフォルダへ日時のフォルダを作成しバックアップ(上書きなしバックアップ)」
「BackUpFDateフォルダへ日時のフォルダが作成されバックアップされます。
古いバックアップは、消されません。
自動的にバックアップされるフォルダは、最初の設定では、インストール先フォルダは、下記になります。
XPの場合「C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\定期的にファイルを自動バックアップ」
Vistaの場合「C:\ProgramData\定期的にファイルを自動バックアップ」


Free Library

フリーソフト・ウェブサービス・スマートフォン:http://iniceSoft.com/